過去ニュース一覧

建交労、バナー

2019年 ニュース一覧

2019.11.29 神岡じん肺問題の早期解決を求め飛騨市議会議員に賛同署名を要請

 
市民の代表 飛騨市議会議員のみなさんに『三井金属鉱業に対し、早期解決を要請するよう市長に求める』賛同署名をもらおうと奮闘しています。11月から開始。これまで4回の要請を実施しました。さっそく野村勝憲市議会議員から署名をいただきました。「わたしが署名したことを他の議員に伝えてたくさん集めて」という応援の言葉も頂きました。神岡鉱山の地元神岡町は5名の市議会議員がみえますが、「立場があり市議会議員としては署名することができないが、じん肺被害について十分理し解決を望んでいる。個人としては応援している」「会社がじん肺ではないと主張しているとのことだが、じん肺でなければなぜ皆さんがこんなに苦しんでいるのか。それならこの被害は何だというのか。」など神岡じん肺問題に強い関心を持って早期解決を望んでいる声も聞くことができました。
 みぞれの降るなかで、地元市議会議員の賛同署名を一筆でも集めようと取り組んでいます。 

2019.10.24 じん肺加害、三井金属鉱業に解決をせまる

三井金属鉱業本社がある大崎ゲートシティで要請行動を実施。建交労 全国労職部会の仲間、約100名が応援に駆け付けてくれました。広場いっぱいに横断幕を掲げ、最高裁でじん肺加害責任は確定した。謝罪と早期解決を!と強く求めました。

建交労、宣伝活動
三井金属鉱業の会社前でデモ宣伝行動

2019.09.01 6月23日(日)労災職業病無料建康相談会を開きました 

アスベスト製品の製造や建設関連などで働いた皆さん、風邪でもないのに「咳き込む」「痰が出る」「動くと息苦しい」「肺線維症」「肺気腫」「間質性肺炎」などと言われたこはありませんか? 石綿(アスベスト)が原因かもしれません、思い当たる方はお気軽にご相談くさださい。
 

2019.07.22 神岡じん肺裁判の早期解決を求める声広がる  23通もの高山市議会議員賛同署名集まる!

一日も早い被害者の救済とじん肺被害根絶のために、神岡鉱山じん肺裁判の早期決済を求める賛同署名を地元高山市の市議会議員のみなさんにお願いしました。すると23通もの賛同署名が原告団に寄せられました。
 
<現議員>
橋本正彦 渡辺甚一 牛丸尋幸 谷澤政司 中田清介
水門義昭 車戸明良 上嶋希代子 松山篤夫 倉田博之
中筬博之 岩垣和彦 山腰恵一 榎隆司 沼津光夫 
西田稔 谷村昭次 伊東寿充 中谷省吾 松林彰 
西本泰輝 笠原等 石原正裕(23名)
 
<旧議員>
溝端甚一郎 今井武男 藤江久子 木本新一 
松葉晴彦 北村征男(6名)

建交労、バナー
1人で悩まず労働組合へ労働相談ホットライン
 

TEL:0575-67-1582